更年期障害を予防改善したいならプラセンタサプリが良い

原料に注視

更年期障害の治療に効果があるプラセンタですが、様々な種類があります。更年期障害以外にも様々な嬉しい効果があります。それぞれのプラセンタによって特徴が異なるので、把握して自分に合うものを摂取しましょう。
最も安価で手に入れる事ができるプラセンタが、植物由来のプラセンタです。安価なサプリメントなどで用いられるものの多くは植物由来です。
植物には胎座と呼ばれる部分があり、人間でいうところの胎盤の働きをしています。その部分から成分を抽出します。細胞の成長を促す因子などが含まれていないので、健康効果や加齢に抗う効果は低いです。
動物由来のプラセンタで代表的なのが、馬・羊・豚のプラセンタです。馬プラセンタは、限られた血統の馬から抽出されており、飼育環境も徹底した管理がなされているため非常に高品質です。
その他のプラセンタに比べると300倍近いアミノ酸量を含んでいますが、値段が高価になります。

羊プラセンタは身体に馴染みやすいという特徴があります。羊の胎盤に含まれるアミノ酸組織は、人間の胎盤に酷似しています。
そのため赤みや発疹といった拒絶反応が起こりにくいです。薬剤汚染のリスクも低く安全に更年期障害治療を行えます。
豚由来のものは、安価で高い効果が期待できます。飼育環境が整っているSPF豚由来のものであれば更に高い効果が期待できます。
更年期障害の治療として医療機関で使われているのが、ヒト由来のものです。産婦人科で提供されるものが原料となっています。